とりあえず3年やってみる思考は成長速度を1/3にしていると思う理由とは?

どうもです!
わだっしーです!

今回は
「ただ仕事をしていても人は成長しない」
という話をしていきます。

 

よく仕事をしていると、
「とりあえず3年はやってみたほうがいいよ」
とか、
「3年も働けば結構仕事できるようになるよ」
っていったりするのを聞きますよね。

でも、僕は、
「仕事ができるようになるのに3年もいらない」
と思っています。

そもそも3年ってどういう根拠があるのでしょうか。

ソースがわからないので、なんとも言えませんが、
成長するのに仕事ができるようになるのに、
3年も待つのはスピード感が非常に遅いと感じます。

 

僕の経験上、真剣に仕事に向き合えば、
仕事が出来るようになるのに3年はいらないし、
僕の後輩でも負けられないなと感じるほど
仕事が出来る子もいます。

逆に僕の会社の同期でも、
僕より学歴が高くても僕より仕事で
結果を出していない方もいます。

どうしてこのような差が生まれるのでしょうか。

 

僕が考えるに、その差というのは、
勉強・実践・研究の量
でしかないと思っています。

いろんな人の業務に取り組む姿勢を観察していると
よくわかるのですが成長する人としない人とでは、
一目瞭然に差があるのがわかります。

今回はそんな成長する人・しない人について
話していきます。

ただ仕事をしていても成長はしない

業務歴が20年、30年あっても、
全然仕事ができない人がいます。

その人たちがなぜ仕事ができないのかというと、
業務外での取り組みが一切ない、
というのが一番大きいと思っています。

 

仕事では業務でしか経験できないことがあったり、
学べないことというのは少なからずあるのは事実です。

ですが、それありきで仕事をするとなると、
仕事が勉強の場
となり、
成果のを出す場ではなくなってしまうのです。

仕事は本来、勉強をする場所ではありません。

実力という武器を使って価値を提供することです。

なので、勉強と研究を業務時間内に含めてしまうと、
単純計算で計算成長速度が
1/3になることがわかると思います。

もちろん、ポテンシャルが高い人は、
業務時間内だけでの活動で
大きく成果を出す人もいるでしょう。

ですが、それはごく一部の人の話であり、
僕のような凡人にはできないことなのです。

 

そこを理解してい成長機会を
自ら生み出して成長を求めることをしないと、
成長するスピードは亀のように
遅くなってしまうのです。

成長するために必要な考え方

一方でものすごい勢いで成長する人というのは、
人より圧倒的に勉強・実践・研究をしている人が
ほとんどです。

失敗を恐れずに勉強・実践・研究をただひたすらに
高速に繰り返している人が成長します。

 

業務終了後は自分で購入した技術書を読んで
技術者としての素養を磨いたり、

自分のこれまでの業務を振り返って改善点を洗い出し
次の実践ではどのようにすればうまくいくのか?
というのを考えています。

そして、実際の業務で改善策を実践して、
前より良い結果がでるのか?ということを試しています。

 

もっと意識の高い人であれば、
上記のことはもちろんのこと、
自分のWebサービスやアプリを実際にローンチして、
自分の実力を磨くことに一切の余念がなかったりします。

僕もまだまだだなと感じることが多いのですが、
僕もWebサービスを作ってみたことはありますし、
学生の頃はAndroidアプリを作っていたりしました。

それぐらいやってみて
ようやく自分のダメなところとか、
もっとこうした方が良いなどの考えが出てきます。

 

ときには失敗することもあるでしょう。

僕は人より不器用で仕事ができないと
悩んでいたことがたくさんあります。

まともに電話応対すらできず、
相手の話していることを聞き間違えたり、
言っていることが全く理解できなかったり、
なんでこんなこともできないのかと
自分が嫌いになりそうになったことは数しれません。

自分は病気なんじゃないか?
と本気で悩んだことがあるぐらいです。

だけれども、失敗から学ぶことはできました。

次に繋げるために何を勉強して、
実践すれば良いのかを考えるきっかけになりました。

そして実践と勉強を繰り返して、
昔の自分が今の僕をみたらビックリするだろうな、
と思うぐらいには成長できました。

 

僕が現場でメンバーを抱えてリーダをして、
顧客からも評価されているなんて、
入社当時の僕がみたら自分とは思えないことでしょう笑

自分のことを棚に上げていってしまいますが、
そう思えるぐらいの自信は身についたなと思います。

だから、この先もこの姿勢を崩そうとは思わないし、
より結果を出すために勉強・実践・研究は
いつまでも続けていきたいなと思います。

世の中にはすごい人がいっぱい居ますからね笑

こんなんで満足していたら恥ずかしいなと思います。

 

失敗したってまた挑戦すれば良いのです。

その時には傷ついたりすると思いますが、
そのときは酒でも飲んで忘れて、
また挑戦すれば良いのです。

若ければ失敗したからと言って
クビになることはありません。

ありがたいことに、
その姿勢が評価されることもあります。

それを武器に今は頑張って
成長していきたいなと思います。

 

成長して得られるものとは

成長して得られるものというのは、
下記の3つのことがあると思っています。

  • 高い報酬
  • 自尊心
  • 自由な人生

 

 

成長するということは、
自分の価値を高めていくということです。

実力とも呼べますね。

当たり前なのですが
人は良いと思ったものにお金を払います。

顧客にとって本当に必要で、
なおかつそれが非常に品質の高いものであれば、
たとえ高い買い物であったとしても
お金を払いたいと思うのです。

 

たとえば一泊10万円とかする高級旅館とかって、
お金があったら行きたいって思いますよね。

綺麗なおかみさんがおもてなしの心満載な
接客をしてくれたり、

最高に美味しい高級料理を堪能できたり、

超絶景の貸切露天風呂を堪能できる。

それだけ堪能できるのなら1泊10万円払ってもいい、
そう思う人は多いのではないでしょうか。

 

それと同じようにエンジニアは、
実力が報酬に直結する仕事です。

自分の実力=顧客にとっての価値
になるのです。

SESであれば特にそれは顕著に現れます。

コーディングしかできない人だったら、
月40万ぐらいが限度かなってなりますし、

アプリ/インフラ/ネットワークもできるなら、
月70万ぐらい払ってもいいかなって思われます。

フリーランス案件で上流工程であれば、
月単価100万円を超えても何も驚きがないです。

このようにエンジニアの仕事は実力が成果に繋がる、
というのは明白なので、
成長するということは高い報酬に繋がるのです。

 

 

顧客に評価され、高い報酬を得るようになると、
自分の実力が見える形でわかるようになるので、
自分の実力に自信が持てるようになります。

誰になんと言われようとも揺らがない
「自分はこれだけのことができる」
という明確な基準を持って見れるようになります。

サラリーマンをしていると、
上司からの評価が全てのように感じてしまいますが、
実際に自分の価値をリサーチしてみると、
現状より価値が高い人は多いのではないでしょうか。

会社員をしていると会社内での評価しかわからないので、
市場全体からみたときの自分の価値はわからないものです。

狭い世界にいるが故に
自分の実力を過小評価をしているひとが
多いイメージがあります。

実力のある人が全然昇進できずにいる、、、
なんてことはいくらでもありますからね。

僕の尊敬する先輩とか実力がめちゃくちゃあるのに
会社役員より印象が少し悪いだけで、
昇進が遅れたりしていましたから。

 

僕はこの情報発信をするまでは、
転職やフリーランスをあまり考えていなかったのですが、
転職エージェント、フリーランスエージェントに登録してみると、
今よりも1.5倍〜2倍ほど市場価値が高いことがわかりました。

時期尚早に現状の職を変えようとは思っていないのですが、
機会をみて現職を離れようとリサーチと計画を
立てている最中になります。

自分には今評価されている以上の価値があると
自信を持つきっかけになりましたし、
どうせなら自分を高く評価してくれる環境に
身を置きたいと思います。

自分のことをダメだと思いながらする仕事って、
すごく辛いことだとは思いませんか?

 

 

それに実力があれば人生の自由を勝ち取ることができます。

人によって自由の定義は異なりますが、
職業選択の自由だったり、
経済的な自由だったり、
精神的な自由だったり、
体力的な自由だったり、
時間的な自由だったり、
実力があれば自由の選択が可能になります。

どれを目指すにしても
それ相応の結果を出せるだけの実力が必要になります。

 

極端な話、

「僕は何もできないですが、働きたくないです。
お金も時間も全て欲しいです。」

なんて人がいても、
誰もがお前には無理だと指をさすことでしょう。

何かを得るにはそれ相応の結果や実力が絶対に必要になるのです。

そんなことは誰もがわかっていることなはずです。

 

でも、結果を出すだけの実力があったとしたら、
自由の選択肢を増やすことができるのです。

年間1000万円以上稼ぐフリーランスエンジニア、
Webサービスで成功して年商数千万円のエンジニア、
フルリモートで月40万円の自由気ままなエンジニア、
週3勤務で月50万円ののんびりエンジニア、

それを選べるようになるためには
それぞれに見合った実力が必要です。

必要とされる実力は報酬が高くなるほど大きくなりますが、
ある程度の結果で十分なのであれば、
そこを目指すのも素晴らしいことだと思います。

週3勤務で月50万円ののんびりエンジニア、
なんて僕はやりたいなって思いますしね笑

その空いた時間で別分野の副業をして稼ぐのも一興かなと。

僕の好きな音楽の趣味に生きるものありかなーって思います。

実力を身につけさえあれば、
人生の選択肢が増えるというのは間違い無いのでしょう。

 

 

このように成長することで、

  • 高い報酬
  • 自尊心
  • 人生の自由

を手に入れることができます。

どれかを捨てて何かを得るということもできます。

何れにしても実力があれば、
少なくとも自分の理想とするライフスタイルを
手に入れることは難しいことでは無いのです。

僕はエンジニアの仕事が好きか嫌いであれば好きなので、
しばらくやめることはないと思いますが、
ある程度の年齢になったら収入の柱を作って、
のんびり生活をしたいなって思います。

趣味の音楽をやりながら、
自分の作りたいサービスを作って、
うまくいけばそれでいいし、
うまくいかなかったらまた何か作ればいい。

そんな生活に憧れますね。

なんにせよ自分の理想のために実力を身につけることは、
必須と言えるでしょう。

 

今努力するか、一生苦労するか

実力を身につけるためには成長が必要で、
ある一定以上の努力は必要になります。

ですが、それってそんなに長い期間が
必要なものだとは思いません。

 

もちろん、年収億越え!!とか、
Webサービスで大成功して儲けたい!!
っていうのであれば、
生半可な努力で難しいでしょうけれども、
多くの人にとってのゴールはそこではないはずです。

経済的に貧困することなく、
それなりに欲しいものが変えて、
何不自由なく生活できれば満足。

そういう人が大半かと思います。

 

それぐらいのレベルの実力を身につけるのに、
10年、20年とかかるわけではありません。

本気になれば1年、2年あれば、
ある程度自由の効くライフスタイルを手に入れるための
実力まで成長することは可能です。

そのためにちょっとだけ今踏ん張って、
仕事から帰って勉強したり、
実際にものを作ってみたりして、
成長を加速させる行動をすれば、
到達できるレベルの成功だと思っています。

 

それに、努力する過程というのは、
案外楽しいもので、
勉強や実践をしていないと
気持ちが悪くなるぐらいです笑

そうなったらもう勝ちで、
一生かけて成長し続けることができますし、
不況などに煽られても対応できるだけの
あなたに成長していることでしょう。

 

 

成長というのは人生をデザインするための手段です。

そう考えると意識の高低に関わらず、
成長を加速させてより自由な人生を選択できるように
なりたいって思いませんか?

この記事を読んで成長を手段と捉え、
自分の本当にしたいことのために
努力できる人が1人でも増えたら嬉しいです!

 

ここまで読んでいただきありがとうございます!

以上、わだっしーでした!

 

稼ぐエンジニアの考え方を凝縮した電子書籍をプレゼント中

僕はシステムエンジニアとして
年間6000万円以上売り上げています。


才能があったわけではないし、
昔から超がつくほど要領が悪いです。


そんな僕がプログラミングを習得したり、
心から尊敬する先輩や上司から影響を受けて、
エンジニアとして成長することができました。


酸いもあまいも経験してきましたが、
普通の人よりもたくさん失敗してきて、
それをガソリンにして結果にフォーカスしてきました。


その経験から
「ポンコツでもエンジニアになれる」
と思っているし、
成長して理想の自分を手に入れられると信じています。


そして、今は同じ道を志す仲間を
1人でも多く増やして、
エキサイティングでより生産性的な社会を
作っていこうと夢見ています。


そういった理念をもとに、
僕の知識や経験をふんだんに絞り出して、
エンジニアとして成長し、
結果を出すにはどうしたら良いかを
体系的にまとめた電子書籍を作りました。


僕のストーリーも交えて作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。


→電子書籍『エンジニアという生き方で人生をデザインする。』


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。


最後まで読んでいただきありがとうございました。


もしこの記事が役に立った!と思われたら
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)